スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Best Wishes 3 "PRAYER"

 前回の3月29日の記事にコメントを寄せて頂いた方、或いはEMIミュージックやレコード店へお問い合わせいただいた方へ、お詫び申し上げます。実はCDアルバム「Best Wishes 3 "PRAYER"」の初版の内、数百枚のみ、IDナンバーとジャケットの曲数があっていません。これはメドレーの曲を一曲としてカウントせずにそれぞれに番号をふってしまったせいで、決定的なミスとは言えずに市場に出て行った、本当にレアなバージョンなんです。ちなみに「艶歌」を3曲として、「源氏物語」を2曲としてカウントしていますので必然的に20曲入りのアルバムのIDナンバーは23曲という事が起こってしまいます。聴感上は変化ありませんが、メニューとプログラムが違うのですから確かにミスプリントと思ってしまいますよね。その後の対応でジャケットやブックレットの曲数にあわせたID数に最終的になりました。初歩的な混乱をさせてしまって本当に申し訳ありません。万が一そのレアなバージョンに当って、気持ちの悪い方はEMIミュージックの方で対応させて頂く手筈になっています。本当に混乱させてしまってゴメンナサイ。
2009年4月4日 千住 明

2009.04.04 | | コメント(2) | 未分類

コメント

個展

いよいよ今日ですね!
昨年は親戚の結婚式が重なり行けませんでしたが、今年は2年振りの個展です。
ワクワクして昨晩はよく眠れませんでした(笑)
楽しみにしています。
千住さん、頑張ってくださいね!

2009/04/05 (日) 09:18:38 | URL | パオ #- [ 編集 ]

No title

レアなバージョンに当たりました。
 Best WishesⅡ, Ⅲと、それぞれお写真がそのままジャケットになっていますね。素顔を見せるということでしょうけれど、何か硬い感じで少し残念に思っていました。
 ところがBest WishesⅢは、ケースからCDを取り出してみると、千住氏の笑顔が見えてびっくり!と同時になぜかほっとして「ああ、よかった…」と思いました。
柔らかで優しい、良い表情をなさっているように見えます。
  新作など、知らなかった曲達に出会えてうれしいです。日本人だからでしょうか。尺八の音色を耳にすると、心底気持ちが落ち着きますし、このアルバムの中で、真理子さんが奏でるヴァイオリンの響きには、懐かしさや悠久のロマンを感じます。
 私がクラシック音楽に興味をもったきっかけは、1枚のCDでした。

イマージュの「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」
それまでは、クラシックがこれほどロマンティックな音楽だとは思ってもいませんでした。

 …もっと続けたいのですが、目の状態が良くないのでこのへんで失礼します。

2009/04/11 (土) 23:32:18 | URL | 野いばら #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

.



Author:千住 明

.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。