スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

春?

 なかなか暖かくなりませんが皆様如何おすごしですか? 毎年この時期は4月の個展コンサートにむけての準備をしていたので今年は何となく寂しい気持ちです。新しいステップへ行く為の期間なので、新たにリニューアルしてお目にかかるまでお待ち下さいね。さて、この一年は「日曜美術館」のキャスターを経験出来て、番組で取り上げたアーティスト達から色々と刺激される事が多く、僕の音楽も生活も変わりそうです。大変なチャンスを頂いたと思っています。4月からまたお目にかかれますが、テーマ曲が変わりますよ。よりシンプルに、クールに、少し感情をおさえた曲を創りました。アートシーンの曲も同様です。
2012年3月22日 千住 明

2012.03.22 | | コメント(9) | 未分類

コメント

エンジン01

ごめんくださいませ
先ほどまでエンジン01夜楽に参加していたものです。オーディションも拝見しました。とても面白く、刺激的な時間でした。ありがとうございました。
千住さんにお会いしたく、夜楽に参加しましたが、残念ながら違うテーブルでお話させていただくことは叶いませんでしたが、とても楽しい宴でした。
私は風林火山のテーマが大好きで、特にドラマの後の史跡を紹介するコーナーの音楽は、眉間の奥がツーンとして魂がそこから抜け出して、画面に映されている史跡の場所へ飛んでいきそうな感覚になっていました。
それから、もう二十年程前になりますが鳥取県の琴浦町(当時東伯町)にて、真理子さんとチェコのピアニスト、故ヤン・パネンカ氏のデュオリサイタルで譜めくりをさせていただいたことがあります。演奏も素晴らしく、また真理子さんのお人柄が気さくで、さりげない気配りをされる方だったことが強く印象に残っています。
そんなお話が出来たらいいなと思っておりましたが、残念ながら機会に恵まれませんでしたので、せめてコメントを送らせていただいている次第です。
お忙しいところを遥々鳥取までお越しいただき、本当にありがとうございました。これからも千住さんの音楽を、日曜美術館を楽しみにしています。お邪魔いたしました。

2012/03/25 (日) 00:15:58 | URL | satowa #- [ 編集 ]

開花

 「日曜美術館」…森田アナウンサーと共に千住氏が、4月からもキャスター続投というのはうれしい限りです。
 テーマ曲, アートシーンの両曲まで変わるなぁんて…さびしいような、ちょっとワクワクするような…。まさに今は暦(こよみ)の上では春。新学期を前にした学生の時のようなそんな気持ちに似ていますね。(^о^)
 桜の開花より先に、「日曜美術館」では、千住氏の美しい音の風景が花開く事でしょう!

2012/03/31 (土) 02:09:50 | URL | 野いばら #- [ 編集 ]

初めてメールさせていただきます(*^_^*)

千住明さまを初めてテレビで拝見したのはお料理の腕前を披露されていた情報番組でした。以前から作曲家としてのお名前はお見かけしていましたが、気さくなキャラでありつつ、品のある繊細なお人柄とお見受けしました。
その後しばらくして美術を深めたいとの思いで、お兄様が学長の大学に入りました。
日曜美術館は以前からのファンでしたが、千住明さまと森美由記アナウンサーの司会でますますファンになりました。先日の藤田美術館も大変興味深かったです。
長々と書き綴ってしまいましたが、さまざまな媒体を通して、アートの刺激をいただいて楽しく過ごしております。
今後もますますのご活躍をお祈りしています。

2012/04/16 (月) 16:11:28 | URL | よっちお #- [ 編集 ]

最近、やっと暖かくなり出しました。

2012/04/17 (火) 12:06:26 | URL | しの #- [ 編集 ]

朧月

初めてメールさせていただきます。
日曜美術館「夢のセザンヌの傑作10選」を観ました。
サント=ヴィクトワール山の風景を通して、「感覚を実現する」ポール・セザンヌの探求し続ける姿に感銘をうけ、東京新美術館へ足を運びたいと思います。ありがとうございます。
もう一つお伝えしたいことがあります。
「日本のうた」のヴァイオリン・リサイタルで奮闘する千住真理子様の姿に感動いたしました。湖面にうつる朧月を彷彿させる音色は格別であり、また、真理子様の兄を思う気持ちが伝わり、「日本の美しさ」を体感いたしました。
今後もますますのご活躍を祈念しております。











2012/04/25 (水) 06:10:14 | URL | 阿藤正樹 #- [ 編集 ]

♪日曜美術館テーマ曲

 「シンプルで、クール…」~クールって、かっこいい。とか、いけてるっていう意味でしょうか?

 初めて聴いた時は、なんだか落ち着き過ぎていて、さみしいような印象を受けたのですが、最近は違います。
 曲のテンポは違うのですが、まるでエリック・サティの♪「ジムノペディ」みたいに、聴いた時、聴いた後も余韻が残り、じわじわと心に染み行ってくるような…。
 毎週「日曜美術館」で見られる作品 と共に、目には見えない作品 のイメージが、どんどん広がっていくような感じが致します。

 不思議な曲ですね!色々な楽器で順繰りに演奏していくというアレンジをしてみても、また違った面白さが生まれてくるかもしれませんね。(^v^)

2012/04/25 (水) 18:04:16 | URL | 野いばら #- [ 編集 ]

楽曲

日曜美術館のテーマ。4月までの楽曲含め、是非、何時の日か、、商品化お願いします。傑作だと思います。

2012/05/10 (木) 22:40:12 | URL | tirkd #nQu8DWBc [ 編集 ]

初めてこちらのブログやってきました

YouTubeでたまたまピアノを演奏されている動画を見て、こちらのブログにやってきました。
動画の演奏楽しませていただきましたのと、ブログの記事も楽しませていただいたので、コメント残しておくことにしました。

2012/05/13 (日) 16:07:32 | URL | リオ #6R3oiliI [ 編集 ]

ジュピター

千住明様
単発的なご無沙汰コメントで失礼いたします。2013.2.27の千住真理子様のヴァイオリン・リサイタルin藤堂藩(津)では、「祈り」を体感させていただき感動しております。クラシックには境界線がないこと改めて教えられました。ラスト演奏曲「ロシア民謡 黒い瞳」を聴いたときに、ロシアの方が聴いたら、さぞ喜ぶだろうなあと、ふと思いました。アンコール1曲目が「赤とんぼ」だけに。3月16日in伊勢で千住明様にお会いできますこと娘共々楽しみにしております。

2013/02/28 (木) 22:15:33 | URL | 阿藤正樹 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

.



Author:千住 明

.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。