FC2ブログ

感謝!日曜美術館!

 森田美由紀さんと共に2年間キャスターをつとめましたNHK「日曜美術館」ですが、本日放送の「アートシーン」のコーナーで僕たちの担当は終了します。視聴者の皆様、そして音楽家の僕を起用して頂いたNHKのスタッフの皆様、又、はじめ1年は僕が足を引っ張りまくったであろう森田美由紀さん、本当にありがとうございました。約80回の収録で番組にご出演頂いたゲストの皆様、楽しく充実した時間をありがとうございました。
 プロの作曲家として四半世紀を通過した時に巡り会った次へのステップだったっと思います。五十を過ぎてここまで毎週新しい興味で二年間を過ごせた事、最高に幸せな事でした。美術を通して、双子のような育ちの音楽を改めて見ることが出来た事は、僕にとって大きな財産になりました。僕が次に書きたい音楽の世界に迷いが無くなり、大きな自信を持って進みたいと思います。
 震災後2年間という期間での司会において、アーティストとしての使命感もありました。アートは今何が出来るか、いくつかの活動もご紹介しつつ、僕自身もアートの中の音楽という立場で考えてきました。その活動は地道にこれからも自分のライフワークにしようと思っています。
 美術番組の老舗「日曜美術館」、番組はまだまだ続きます。37年目のバトンを本日、井浦新さんと伊東敏恵アナウンサーに渡します。
2013年3月31日 千住 明

2013.03.31 | | コメント(1) | 未分類

コメント

ありがたや

 心より、「日曜美術館」に、感謝申し上げます。
2年前の大震災は、マイナス面ばかりではなく、人と人の結び付きのチカラに気づかされました。マスメディアはそのために存在するのかもしれません。なぁーんて、私が言うと、軽すぎて申し訳なく思います。
 実際、被災地へ度々足を運んだ千住氏や森田アナウンサー、NHKのクルーの方々のご苦労・ご心痛は画面から伝わる以上に深手を負ったことと思われます。大きな苦難の時期にあったからこそ、美術や音楽などが暮らしに色どりを与えてくれるありがたさに、あらためて気づかされました。

2013/03/31 (日) 23:45:16 | URL | 野いばら #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

.



Author:千住 明

.